そして重量が4キロまでの商品なら利

そして重量が4キロまでの商品なら利用することができます。しかし、荷物の追跡はできませんし、紛失及び破損した際の保障もついていません。
また、従量制ということもあり、常に最も安い配送方法になるとは限りません。
ですが、数百円、2
3千円程度の物であれば、売る金額から送料を引いた金額を計算すると数百円、場合によってはマイナスになってしまうということも考えられることです。現在はオークションだけでなくフリマアプリを利用する方も増え、個人間での商品の売買が気軽にできるようになりました。
自分が出品者であれば、出品する物が送料込であるならば、ちょっとでも送料を抑えられればと感じることと思います。
商品を送る方法として始めに想像するのはゆうパックや宅急便ではないでしょうか。
もちろん大きな商品を送る場合、もしくは高価な商品を送る場合は荷物の追跡サービスと共に補償のあるゆうパックや宅急便がピッタリです。まずまずの大きさで、安い物を送る場合には定形外郵便がお得です。定形外郵便においては3辺のうち一番長いところが60センチ以下であると共に縦横高さの合計が90センチ以下の場合送ることができます。