よく誤解されることもあるようですが円安とは円

よく誤解されることもあるようですが、円安とは円の持つ価値が他国の通貨よりも相対的に下落している状態を指すのです。円安がつづくと株の価格が上がりやすくなります。輸入産業では、輸入にかかるコストがあがってしまい収益が減ってしまいますが、逆に、輸出企業の場合には業績は好転します。自動車や機械など、日本製品の販売が好調に転じやすくなり、業績が向上して、株価の上昇につながっていくのです。株式を売り、利益となった場合の税金は申告分離課税が原則ではありますが、証券会社に開設した特定口座での取引の際は本人の代理で、その都度、20%の税金を源泉徴収してくれるのです。確定申告の手間がない手軽な制度ですが、損失繰越などをする際には確定申告が必要となります。
株の初心者が初めから難しい売買をすることは避けた方が身のためです。
仮に、株では空売りして利益を得る手段があります。空売りとは売りから始める信用取引です。
空売りであれば株価が下落した時でも利益を得られるのです。
ただ、危険性もあるため、空売りは株の売買が十分つかめてから始めるべきだといえます。
ご存じだという前提ですが、株取引には現物取引や信用取引があります。
やっぱり初心者にはハイリスクの信用取引はすすめることはできません。
自分の資金内にリスクを抑える事ができる現物取引が間違いなくおすすめです。
入金した以上に損する可能性がないんですから。
例えば、優待狙いでじっくり購入した株式を保有するのも良いと思います。
株式投資を行う場合には、単元株式以外の、ミニ株を購入する方法もあります。単元株では購入する金額が高すぎて購入できない株を買いたい時には、ミニ株で少量ずつ買い上げることによって、一度に大金を準備しなくてもほしい銘柄を買い取ることができます。