ですがひと口に「温泉」という名前で

ですがひと口に「温泉」という名前でまとめても入浴と飲用による効果は様々で、九種類存在しています。第一に名前を知っている方も結構いると思われるのが、「単純泉」と呼ばれるタイプのものです。また飲用すると肥満症並びに胆石症、糖尿病などに効果が期待できます。
五つ目に「二酸化炭素泉」です。
こちらの二酸化炭素泉に関して言えば、入ることにより高血圧症、動脈硬化というような症状に効果があるとされています。
こちらの単純泉においては、入浴すると温泉における共通の効能である「一般適応症」と呼ばれているものにだけ効果があると言われています。一般適応症は、神経痛並びに筋肉痛、関節痛、それに慢性消化器病及び冷え性等があるのです。二つ目は「塩化物泉」という名前です。
こちらの塩化物泉においては、浸かると切り傷ややけど、慢性皮膚病といった症状に効果があると言われています。
そして飲用した場合、慢性消化器病や慢性的な便秘の症状に効果があると言われています。それから飲むと、痛風や肝臓病、糖尿病の方に効きます。四つ目は「硫酸塩泉」という名の温泉です。
この硫酸塩泉は、入浴すれば切り傷並びに火傷、慢性硬化症といった症状に効くとされています。