次に商品名や説明文価格配送方法といっ

次に、商品名や説明文、価格、配送方法といったものを選びます。
商品名は服の場合、ブランド名やサイズ、カラーなど、家電であればメーカー名や型番などを書いておけば、よいと考えられます。
これによって、相場と比較した場合に安い価格で設定すればすぐに売れてしまうこともありますし、高めに設定すればいつまでも売れないかもしれません。
それに、購入を検討している人から安くしてほしいと交渉があることも予想されます。また、DVDやゲームソフトなどはケースが傷ついてしまうことのないように、エアキャップ(通称ぷちぷち)を使用して梱包すると安全です。
ついでながら、フリマアプリについては、オークションみたいに開始価格を決めてほしい人同士で競るのではなく、売りたい価格を設定します。価格は自分が売りたいと思う金額を設定して構いませんが、そのときに送料を別にするか込にするかで金額も変わってくるため気をつけなくてはなりません。
配送方法は宅急便にするのか定形や定形外にするのか、あるいはレターパックを利用するのかを選ぶ必要があります。
インストール後、メルアド及びニックネームというような必要事項を記入すれば、誰でも即座に使うことが可能となります。
会員登録後、販売したい物の写真をスマホで撮影、またはもうすでに写真があるのであればその画像を選択します。