愛犬に着せたお洋服の映像

遠方に住むおとうさんから久々にメイルが届き、添付されていたフィルムを見るとおとうさんの以前から飼っている犬がお洋服を着ている物でした。
こういう寒さにさすがに耐えられないのか、初めて嫌がっていたお洋服も着てくれるようになったよ、と書いてありました。
意外と寒いよね、流感ひかないでね、って応答しようとして、ちょっと思いました。
おとうさんは赤ん坊みんな巣立ってマミーも亡くしたので、一人暮しなので、飼っていらっしゃる愛犬はもはやおとうさんにおいて甘い幼児というものなのかもしれないなと。
そこでメイルの応答には、お洋服大いに似合って可愛らしいね、って付け加えました。
するとすぐおとうさんから応答が来て、みんなにそう仰るよ、次回直接的見てやってねとありました。
どうしても犬が可愛くて仕方なくて、それほど言って欲しくてムービーセットのメイルをくれたのだなと思いました。
マミーになったこちらが三男の愛らしいムービーが撮れるというみんなに送りたく向かう本心と同じですね。
両者親ばかしてるんだなと思います。
身はきのう、目新しいバットを買いました。
職務が終わり、家に帰るとおとうさんと共に動きディーラーへ行きました。
車で動きディーラーをめぐって、バットを貰う結果野球機具店舗に行きました。
賜物棚に開示されたバットを見ていると、木製バットがあったので買いました。
クレアトゥールはsskで色彩は真っ黒で硬式用事だったので、対価は12000円といった高かったですが、木製バットは何とか買ったので、大切に使おうと思いました。
その後はホームセンターへ赴き、庭園の草を除草するために除草剤を買って家に帰りました。
家に帰ってぱっぱと、買ったバットを振ってみると重かっただ。
「ボールを打ったら相応しい音響が講じるのだろうな」と思いました。
注文をめぐって良かったです。
今度、バッティング核心で試しに使ってみたいだ。