インフルエンザの診断ができない

夜中に思わずカラダがだるくて熱情を量るといった、熱情がありました。それも39度に間近いくらいの熱情でした。こんなにも高い熱情が出たことが今までなかったのですが、直感でインフルエンザだと思いました。さすがに自ら夜中に病院に行くことができなかったので、朝一で近所の内科に行きました。インフルエンザの検査を通じてもらい薬をもらおうと思ったのですが、誠に検査ができないというのです。インフルエンザの検査は熱情が出てから12期間経たないと正しい判断ができないと言われたのです。実質まず家に帰ってまた夕刻に病棟へ行きました。結果的にインフルエンザで薬をもらいました。薬を飲んで寝入るという次の日にはもはや熱情は下がっていました。ですが、ひと度家に帰って寝ている間がはたして辛かっただ。より少なく検査ができればいいなと思いました。
当社では今でもバレンタインデーでチョコレートを差し出すという文化があります。チョコレートを譲り渡すことを阻止という職場もあると聞きますが、当社では逆にチョコレートを渡さなければいけないという暗黙のルールがあるのです。チョコレートを引き渡す頭数が10個々しかいないとしても意外に出金になります。そのため平年できるだけ大きくて価格が安いものを探すのに女性陣は命がけだ。まとめてあなたで食べて下さい。という風にしたりしたいのですが、自力づつにチョコレートを明け渡すという基準なのでそれができません。少なく当社もバレンタインデーのチョコレートを譲り渡すのを阻止としてほしいだ。