自分の勘を信じて通じる

前年から2017ご時世は、自分の勘に従って、会いたいやつに会いに行こう!!と思っていました。
さっそく、1月上旬から6泊7日の観光へ出かけてきました。
ゴールは、22ご時世前に学生時代に知り合ったパパのところだ。
本当は、旦那は数か月お付き合いした背景があります。
お別れをした先も、不思議となんらかのタイミングで会うことがありました。
2002カテゴリーを最後にお会いしていません。
この時、旦那はウェディングし他国転勤。
今回の再会は15ご時世ぶりでしょうか?
以前にFacebookWEBで旦那を見つけ時時話交換していました。
その時、旦那は離婚しボディをぶち壊し沖縄へ移住やることを知ったのです。
前年の暮れ程から、明確な背景などわからない。ただ、会いにいってみたい。みようと思ったのです。
もしかするとお付き合いしてある位、プロポーズされたことがあって旦那が本気でかわいがりてくれていることを現在まで感じていたからかもしれません。
何十ご時世振りに対面、両人ともご時世を繰り返し見た目は老けているのに、とても違和感がなくて不思議な感触でした。
ウェディングをしなかったことを後悔していた身、旦那への元気を確かめに行った観光だったのです。
再会した機会、旦那が余命5ご時世を医者に報じられていたことを知りました。その時に離別、勇退…そうして、今年がその5ご時世目なのです。
このタイミングで旦那に出会ったのは、奥深い意味があるように感じてます。
今は遠路ですが、常々旦那に話と電話でスペースを閉じるようにやり取りをしている。
多少なりとも旦那が癒され元気でいてほしい。そのままそう思うのです。
ライフスタイルによっては思いのままに行動することが出来ない時もあります。
も、宿命は単発だ。時折思いきって、自分の元気といった勘を信じて動くことも大切なのです。
最近では「株」という台詞がずいぶん身近になってきました。WEBの浸透で自宅で株式運営が出来たり、人向けに比較的買い易い額面で少しずつ株を選べるようになったり、株をようやくみようかなと藤四郎も入り易くなりました。けれども、株の損得も確申の意味はご存知ですか。配当コストは「配当賃金」として、損しても得しても確申をする必要があります。ひとたび、株と税の真実掲載を伝授します。①:株で得たお金にも税がかかります。②:賃金が20万円以下の場合は税はかかりません。③:損をしても来季以上3通年に繰り越して、マネーから控除行える特例があります。④:賃金が38万円以上になると夫人(保守)控除から外れます。基本はこれぐらいだ。では、覚えておいて下さい。株のお金は20%の税が引かれているので、10万円のお金だと2万円の税を徴収されてある。でも確申をすることによって、税を取り戻せるケー。それなら、確申をしたほうが得です。例えば、勤め人で、株のお金が20万円を下回るヤツ、株で損をしたヤツ、以前から株を通していたヤツなど。株の確申は特例が多いため、払いすぎた税が帰る可能性が高いので、思い当たりがあれば確申ください。株の配当コストは考える時点で根幹徴収されているので、確申の必要はありませんが、配当控除はもあります。「上場株式等の渡し失墜の繰越控除」という厳しい肩書きの枠組みがあって、損が出ている場合、確申をしたほうが得をするケースがあります。例えば「今年は10万円のお買い得をしたけれど、去年は20万円の損害だった」。「根幹ありの特有口座」を利用していれば、お買い得をした年頃の食い分は税を10%取られてある。でも、こういう2年頃をまとめて見れば「20万円の損害に10万円のお買い得」は「お金なんて出ていない」ということになります。ですから、支払った税は確申で帰るということなのです。その代わり、失墜が出た年頃に確申していなければいけません。こういう場合では本年という昨年という形で見ましたが、実際には来季3年間で見ます。これ、複数の証券組合に口座があって、片側で利益が出て、片側で損失が出ている場合などは総計が可能です。利益が出ておる口座で取られている税を取り返すことが出来ます。