社宅は節税になるの?

店がマンションなどを借り、社宅として下っ端に貸した事、店賃の一部を店が負担することによって下っ端の店賃苦悩を燃やすことになります。同時に、下っ端にとっての便益厚生としても役立ちます。下っ端の代わりに店が負担するだけのことなのですが、社宅があるは、下っ端においてプラスになることが多い(働きやすい背景=人類が入り込み易い)ので、社宅を持つのは下っ端の便益厚生ですと共に、一つの節税方策とも言えます。但し、店賃のALLを店が苦悩してしまうと、その分が給与というみなされて課税患うことがあります。重役にしろ働き手にしろ、社宅を借り上げる際は一定額をそれぞれ負担するようにしましょう。社宅にするには、意外と、社宅となるマンションの賃貸借約定を店名義で契約することが大前提だ。リーダー個人の名義で借りてあるものを、リーダーが払ったとしても総額にはなりません。がただし、おんなじ建物であっても「店が契約してそれをリーダーが借り上げる」という形であれば、節税効果が期待できるのです。例えば、店賃が10万円の建物だとすると、リーダーが自己お給料から10万円を支払う→総額にはできない→節税ダメ、店が10万円支払い、リーダーから店賃として5万円買う→値鞘の5万円を店の総額にこなせる。ええ、これだけで毎月節税だ。賃貸建物に住み積み重ねるなら、会社で借りて社宅にするというのが節税技法だ。賃貸で店賃を長く払い積み重ねるによって、買ってしまったほうが利得。これは確かに一理あります。ただし、注意する地が一つあります。店が所有している不動産を売却する際には、その取引益に租税がかかってしまう。個人の場合は、居住用金を売却した際に3000万円の最高峰控除があるのですが、店にはこれがありません。売却時の販売が個人の場合に比べて不利なのです。売却せずに長く住み積み重ねるのであれば買い出しも問題ありません。ただし取引必須なら、売却時の租税も考慮して社宅を設定しましょう。ではないって、節税の真意が節税になりません。
毎年夏になると金曜ロードショーでジブリの戯画が番組されています。
傍らのトトロとかもののけ姫などが再放送されるはずです。
本来はなしの内容を知っているのでもっと見なくてもいいのですが、思わずTVディスプレイを目にするとはからずも見とれてしまいます。
映画に「はく」があるので戯画も飽きないのです。
ジブリには何か奥深さがあるのかもしれません。
他の力作も、映像で借りるのは最初のうちですが、あとはTV関連で再放送力作を探るのがジブリかなと思います。
ジブリ独特の世界観があるので、その世界観が多くの方々をひきつけていることもまた事実です。